テニススクール ノア 姫路校

〒672-8015 兵庫県姫路市八家1272 ※お電話受付時間は「地図・アクセスページ」でご確認ください。

079-246-3111

好きな本の紹介をします。その34

こんにちは!コーチの門井です。

「最近たまにブログの更新サボってるよね?」
普段ブログを読んでる方についに指摘されてしまいました。
恐怖と戦慄に慄く門井です。
ごめんなさい、ちゃんと毎週かけるようにします…。

最近髪を切りました。
結構バッサリいったのでお会いした方ほぼ全員に「どうしたの?」と髪のことを聞かれています。
髪が鬱陶しかったという風に説明をしていますが、実は他に理由があるんです…。

私この度失恋いたしました。
学生の頃からずっと付き合っていた子だったのですが、先日別れることになってしまいました。
多感な時期を共に過ごした間柄なので思い出がたくさんあります。
未練がないと言ったら嘘になってしまうかもしれません。
東京と姫路という遠距離にコロナも重なってしまうのも良くありませんでした。
少しずつ疎遠になり、ついに彼女の方から別れを切り出されてしまいました。
携帯電話というものはこのところ目覚ましい発展を遂げていますが、実のところは不完全なコミュニケーションツールだと思うのです。
片方に意思がなければ一方的に断ち切ることができてしまうところなどまさにそう。
直接会えないこの状況では壊れた関係を修復することはもはや不可能に近いです。
私にはもう道が残されていないのです…。

長々と書きましたがこのエピソードは嘘です。

本日は4月1日エイプリルフールということでちょっと嘘をついてみました!
本当は全文嘘にして来週ネタバラシしようかとも思ったのですが、そこは誠実さに定評のある門井です。
良心の呵責に苛まれることは自明の理。結果このような小さな嘘にとどまりました。

ちなみに私のネタバラシより前に嘘だと気づいた方は門井検定2級を狙えるレベルです。
自信を持ってください。

閑話休題。

本日私が紹介するのは
西尾維新の「化物語」です。
アニメ化、映画化、ゲーム化、コミカライズなどした大ヒット作品ですね!

以前ノア姫路でソフトテニスのコーチをしていた島崎くん(私と同級生)が
この作家さんが非常に好きなようで、先日も久しぶりに会っていろいろ語り合いました。

この作家のすごいところは「膨大な語彙力と知識からなる言葉遊び」です。
この作品は「怪異」をテーマに物語が進んでいきますが、
他の作品もどこか非現実のものを取り入れている作品が非常に多いです。
そういった所謂SFものの良い所は非現実だからこそ登場人物の人間性が濃く浮かび上がって見えるところですが、
西尾維新の文章はとにかく長くて舞台設定やバックボーンみたいなものがしっかりしすぎているんです。
結果、非現実にリアリティを生み読者がついついのめりこんでしまう。
ただ分量はものすごいですけど…。(私は苦じゃないです)

是非読んでみてください!

まだコメントはありません

コメントを残す

Reset all fields

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)