テニススクール・ノア 姫路校のソフトテニス・コーチ陣

テニススクール・ノア 姫路校のソフトテニス・コーチ陣

堀口 亜希穂(ほりぐち・あきほ)コーチ

堀口 亜希穂(ほりぐち・あきほ)コーチこんにちは、姫路校でソフトテニスを指導している堀口です。
私は地元、関西出身で両親もテニスをしていたテニス家族で育ちました。

特に3人姉妹がみな、近くのジュニアクラブでソフトテニスをしていたため、末っ子である私もテニスに興味をもち、小学校1年生からソフトテニスを始めました。私の場合、他のスポーツはしたことがなく、ずっとソフトテニスをしているんです。

その後も中学・高校と、ずっとソフトテニスをしたこともあって、大学もテニスの強いところにいきたかったんですが、幸い、AO入試で、テニスができて、学業も自分の得意な面が活かせる大学に受かったんです。

そういったこともあり、私は小学校からずっと、ソフトテニス一筋でした。
その後、大学新卒でノアインドアステージに入社して今年で2年目になります。

ソフトテニスで就職という概念がなかった

実は、大学卒業後は一般の企業に興味をもっていました。具体的には、商品開発や食品関係などの会社にも興味をもっていたんです。

それというのも、テニスを仕事にできるという概念そのものがなかったからです。
ですから、テニスは大学卒業と同時にやめようと思っていた程だったんですが、たまたまノアインドアステージの会社説明で、部長の方にお声かけ頂いたのがきっかけでノアに興味を持ちました。しかも、よくお話を聞いてみると、私の高校時代の先輩が、ノアでソフトテニスの事業を立ち上げるので、ぜひ一緒に!ということでしたので、それなら、ぜひ自分もソフトテニス事業部を盛り上げる側に回りたいと思って入社したのです。

私の場合は、現在もフロント職を兼任しているため、入社当初3ヶ月は接客などの研修を受けて、その後、姫路校の配属になったので、この姫路校としての経験は、まだ1年と少しです。

フロントでは、お客様のご対応などしますが、私自身、もともと人と話をするのが好きですし、初対面の方とでも会話が楽しめる方なので、毎日とても楽しく仕事をさせて頂いています。

ガットキャンペーン ガットキャンペーン

子供達は素直で上達が早い

ソフトテニスのレッスンソフトテニスのクラスについてですが、当初は小学校6年生から中学校3年生までが1クラスでしたが、今では小学生クラスと中学生クラスに分かれていて、私は中学生クラスの方を担当しています。

ほとんどが学校の部活動でやっている子たちで、兵庫県、特にこの姫路地域はレベルが高いこともあり、生徒達は「勝ちたい」という意識が強いです。実際に、学校の部活練習だけでは練習量が少ないこともあり、「どうすれば勝てるのか?」という意欲が高く、自主的に「勝つための技術」などの練習をしに来てくれています。

レッスン中も自主練習の時間を設けているのですが、その時間を有効に使おうと、生徒達の方から積極的に質問や対戦依頼をしてくれます。

実は、コーチを始めた当初は、どうしたら生徒達に指導がより良く伝わるのだろうと、手探り状態の面もあったのですが、子供達は素直だし、反応が早いので、こちらが伝えようとしていることがわかると、顔(表情)に出るんですよね。なので、それがわかってからは、私の方も指導力がアップしてきたように思います。

地域的に、この姫路はソフトテニスが強い地域ですので、たとえ中学校で初めてソフトテニスをしたとしても、ここノア姫路校では、「勝ちたい」「上達したい」という意欲に応えられるレッスン内容をご用意していますので、ぜひお気軽にご来校ください。

「教えて!堀口コーチ」堀口コーチへの1問1答
 うちの子は手が小さいし、身体が小さいのですが
A: 身体が小さいお子さんでも、練習しだいで上達しますので、心配せず、お子さんがやる気でいらっしゃったら、ぜひ挑戦させてください。(ご本人がそういった不安を抱えていても、全然心配する必要はないですよ!)

たとえばサーブは、背が低い人はトス(★)も低くなるんですが、トスが低くても前でしっかり打てば、早いサーブが打てます。そのため、前で打つ感覚を養って頂けるように繰り返しトレーニングをおこないます。実際に小さなお子さんも、地面を蹴ってサーブやスマッシュを打つと強いボールを打ち込めます。反対に、いくら体格が良くても、そういったことがわかっていないと上達はしませんから、私どもでは、そういったコツをきちんとお伝えいたします。

(★トス:サーブを打つときにボールを空中に投げ上げること。)

勉強との両立の仕方
A: 確かにスクールに通うことで、忙しい毎日になりますが、身体を動かすことによって頭の回転も良くなるので、運動してから勉強をした方が頭に入りやすいようです。

つまり、集中してスポーツすることにより、勉強の集中力があがったりします。

今通ってくれているお子さんの中には、当校のレッスンだけでなく、平日に他の学習塾などにも通っている子がいます。ソフトテニスの練習を終えてから、塾に行かれるわけです。

勉強をしっかりするからテニスに通わせて欲しいと、自分から親御さんにお願いしている生徒さんもいますが、そういった子は、テニスがしたいからと早起きをして勉強したりなど、メリハリをつけて良い効果を生んでいるようです。

ちなみにテスト期間は、スクールの方でもテスト優先で対応しますので、ご安心ください。

家などで普段できるトレーニングがあれば教えてください
p_11A: なんと言っても階段です。
自宅や学校、駅などの階段はどこにでもあるので、普段から階段の上り下りをしておくこと。
それも、できるだけ早く上り下りすることで、足腰の強化につながります。

階段とまでいかなくても、ちょっとした段差の足踏みも効果的です。

自宅では素振りをしておいてもらうと、より早く上達します。
ラケットを早く振ることができれば、ボールが速く飛ぶので、普段から素振りの練習をしておくことで上達します。

姫路の場合は強豪地域だけに、自分なんかが入っていけるのか?不安
A: 「上手い人についていけるか不安」
そういった不安を持っている生徒も実際に入校してくれていますが、基本的にクラス分けで工夫をしたり、メンバーみんなで工夫をして、不安を抱えているお子さんでもレッスンしやすい環境をお作りしています。

具体的にはコートを半面で区切ってレベル分けでレッスンしてみたり、場合によっては付きっきりで個別指導をする場合もあります。

「学校の部活では、上手な選手についていけない」という生徒さんもノアに入ってくれているのですが、少しでも多くボールを打つ機会を増やして上達できるようにしていますし、その時に具体的な改善のアドバイスをしますので、上達するチャンスは多いですよ!

前衛だとボールがこわい
A: 「前衛でボールがこわい」という方は、ほとんどが構え方に問題があり、ラケットが下を向いていたりします。

そういう人には、「顔の前でしっかりラケットを構え、しっかりボールを見るように」指導するとともに、慣れるまで近い距離からゆるいボールを打っていく練習を数多く繰り返します。すると、ボールに慣れますし、当然ボールをしっかり見ていけるようになり、前で構えたラケットで、しっかり打ち返せるようになります。

そして、最初は近い距離からゆるいボールだったのが、遠い距離から強いボールでもしっかり打ち返せるようになります。

前での配置で慣れてくると、今度は、後ろから前のネット際まで走って打てるようになったり、上げボールを打てるようになります。

「慣れる」ということが、テニスの場合は特に重要で、前衛に慣れて頂くためにも、とにかく練習回数、ボールを打ち返す回数を工夫しながらやっていますから、怖さは必ず無くなっていきます。安心してくださいね。

バックハンドがどうしても上達しない
p_10A: 最初はラケット無しで練習してもらいます。

手でボールをバックハンドでつかむ練習から始め、今度は走りながら手づかみをし、次は手の平で打ち返してみる、そういった練習をして、タイミングやボールとの距離がつかめてきたら、ラケットを持って打ってもらいます。

それでも当たらないという人には、下からボールをラケットですくい上げる練習をします。そうやって段々飛ばせるようになってくると、今度は足を使って打つ練習をします。

さらなる上達には、キレイに打てる打点を見極めていきます。
打点は、身長などで一人一人違うため、生徒さん一人ずつのベストで一番打ちやすい打点を一緒に見極めるとともに、そのタイミングをつかんでもらうために何度も打ってもらう練習をします。

ノア姫路校では屋外のオムニコートとのことですが、雨天の日は?
A: 確かに姫路校では屋外のオムニコートでレッスンしますが、ノアインドアテニススクールは文字通りインドアのコートがありますので、基本的に空いていればインドアコートでレッスンをおこないます。

インドアコートが空いてない日はレッスンが中止になりますが、半年間無料で振替えが使えますので、ご安心ください。

ソフトテニスの将来性って、どうなんですか?
A: ソフトテニスは日本が発祥のため国内では非常に盛んなため、10代の生徒さんでも「U14(アンダー14)」といった14才以下などの選手権もあったり「日本代表」をめざす人も増えています。

そして今は、アジア選手権などもできてアジアでも広くソフトテニスが盛んになってきていますし、アジアから世界へと活躍の場が広まってきています。今実際に、ノアの生徒さんもアジア選手権まで出ていってくれているんですよ。

そして何よりも、仕事としても、ノアテニススクールで、コーチとして活躍できるのでいいですよ!ノアでは海外にもスクールができているので、グローバルに活躍できます!

 

伊藤 丈仁(いとう・たけひと)コーチ

伊藤 丈仁(いとう・たけひと)コーチ私の場合、中学1年生から学校の部活動としてソフトテニスを始めましたが、ソフトテニスは中学3年生までで、高校から大学卒業するまでは硬式テニスをやっていました。

大学卒業後は一旦、違う一般企業に入り、9年半ほどはそこで働いていたんです。

その後ご縁をいただいて今、ノアでコーチをしているわけですが、一番最初に中1でソフトテニスを始めた際、実はそこまでテニスのことに関心があったわけではないというか、そもそも、そこまでテニスのことを知らなかったんです。

ですので、高校の部活に硬式テニスしかなかったことから、特に深いこだわりもなく私自身もすんなり硬式に移行しました。

 

ノアは体育会系の会社といっても、良い意味で「カタクない」会社

入会プレゼント上記の通り、ノアインドアステージは、体育会系の会社といっても、良い意味で「カタクない」会社です。

たとえば社長と従業員の距離も、他の会社とは考えられないぐらい近いですし、一般企業だと、この会社のように社長と気軽に話せる機会もなかなかありませんが、ノアでは社長だけでなく上の方や幹部の方とも、いっぱい話せる機会があります。

事業所つまり姫路校などのスクール内でも、仲間同士、本当に気軽に皆で話ができます。
ですので、仕事としては、とてもやりやすい環境にあります。

 

 

ソフトテニスのコーチとして

ソフトテニスのレッスン私の場合はソフトテニスを中学以来していなかったので、当初不安もあったんですが、そもそも硬式テニスとソフトテニスは通じるものがありますし、教え甲斐はすごくありますね。

ちなみに、普段は硬式テニスを指導していますが、改めてソフトテニスをしてみると、ソフトはソフトで面白い面もあるので、やっていて楽しいです。ソフトテニスはラケットの片面しか使わず、硬式の場合は両面を使うなどの違いもあるので、それぞれに良さがあります。

なので、自分自身もっとソフトテニスや指導方法を勉強して、さらにしっかり指導できるようにしたいですし、子供達もとても素直にこちらの話を聞いてくれるので、本当に教え甲斐があります。

余談ですが、一般的には「ソフトテニス」と呼ばれていますが、姫路校では未だに「軟式テニス」と呼ぶんです。時間割にも「軟式テニス」と書いていますね。たぶん、昔から先輩達が「軟式テニス」と呼んでいたからかもしれません。

ソフトテニスの魅力

頑張っているコトはムダじゃない いつか自分の力になるそのソフトテニスの魅力ですが、ボールが柔らかい分、思いっきりラケットを振ることができる点が最大の魅力だと思います。

硬式テニスの場合はボール自体が固いため、ある程度スピンをかけないと、打ち返してもコートに入らなかったりするんですが、ソフトの場合は上からでもスパーンと打てるところが魅力ですね。

初心者の、たとえば小学校5年生で初めて入ったお子さんには柔らかいボールでやりやすく楽しめる良さと、上級者になってくるとスピードがついて速く打てる良さとがあります。

現在、姫路校では、選手強化の方に力を入れていますので、初心者の生徒さんでも強くなって頂けますし、もちろん部活動などでソフトテニスをしている方なら、もっと強くなれるというのがあります。

テニスの良さは、ボールやラケットなどの道具を使ってできるゲーム的な良さと、相手との打ち合いができる楽しさとがあります。サッカーなどとの違いとしては、ラリーなど狙って打っていくところでしょうか。

ショットなど決まった時には、スカっとしますし、スポーツが好きなお子さんはもちろんのこと、ボールや球技が苦手な方でも、色々なトレーニングを用意していますので、ぜひテニスも試してもらいたいと思います。一度お気軽にお試しレッスンにお越しください!

テニススクールノアのソフトテニスクラスは
姫路校加古川校名谷校西宮校神戸御影校南千里校岡山校武蔵浦和校和光成増校綱島校センター南校にて実施中です。